あなたのタックルボックス見せてください:カカリ釣りクロダイ道具収納術

2020年05月17日 11:30

[TSURINEWS]

この記事を見る

抜粋

イカダ&カセのカカリ釣りクロダイは非常に道具が多い。そこで今回は、小物類を入れているタックルボックスを紹介してみたい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本直)

あなたのタックルボックス見せてください:カカリ釣りクロダイ道具収納術

トレイ付きのタックルボックス

普段から使用しているのは、トレイが内蔵されているタックルボックスで、この中に全ての道具を収納してる。ライン、リール、ハリ、ガン玉などだ。

小物類はトレイに入れておき、すぐ使用できるようにしている。

あなたのタックルボックス見せてください:カカリ釣りクロダイ道具収納術小物類を収納(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本直)

かさばるものは本体へ

本体にはリールやラインなど、かさばるような物を入れている。容量が大きく、冬はこの中に飲料や食材などを入れて、できるだけ荷物を少なくして、手軽に釣行できるように考えている。

あなたのタックルボックス見せてください:カカリ釣りクロダイ道具収納術リールとラインを収納(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本直)

また、リールやラインの予備を入れ、いつトラブルになってもいいようにしてあり、ハリやガン玉はさらに小物入れへ整理して、号数により分かりやすくしてある。

定期的な整理整頓を

以前はあれもこれもと持って行き、非常に多い荷物になって運ぶのが大変な時期もあったが、回数を重ねていくと使わない物も多々あり、それらを整理して今に至るといった感じになった。

椅子は別に用意しているが、このタックルボックスの上にクッションを置けば椅子代わりにもなって重宝している。

<週刊つりニュース中部版 APC・橋本直/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年5月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

関連記事