カギは逃げのアクション!エバーグリーンのブリムスライドでビッグバスを狙う

2020年05月17日 21:00

[釣りの総合ニュースサイト「LureNewsR(ルアーニュース アール)」]

この記事を見る

抜粋

そろそろ初夏といわれる季節。

産卵後のバスが体力回復のためにビッグベイトを積極的にバイトしてくる時期でもあり、またブルーギルの産卵時期と重なることから「ギルパターン」が存在するフィールドも多くあります。

今回はそんなギルパターンに有効となる、エバーグリーンブリムスライドについて紹介します。

ギルパターンではデカバスが狙いやすいといわれています。

オイカワやハス、アユなどを模した他のビッグベイトではなく、ギルを模したルアーが効果的になるひとつの理由がギルの形。

オイカワやアユなどの細い体形に比べ、ギルやフナなどの魚は平たく体高があり、ビッグバスでなければ口に入らないのです。

アクションはストップ&ゴーのアクション

バス釣りをしているとふとした時、足元にギルなどが寄ってきたことはありませんか?

オイカワやアユに比べて動きが遅いギル。この動きを意識しながら、ブリムスライドはストップ&ゴーで表層を漂うアクションが有効です。

サーチと併せながら、着水してからのゆっくりなアクションでバスを誘い出すことができます。

フェザーフックあアクションを止めたときにふわりとバスを誘う効果もあり、ショートバイト時の吸い込みをフォローする効果もあります。

ブリムスライドの詳細はエバーグリーン公式HPをチェック➤

逃げのアクションからバスを追わせる

そんな、サーチをしながらの釣りが効果的な一方で、ブリムスライドが追及したのは逃げのアクション。

キャストして着水からの浮き上がり、そこからの強い巻きのアクションを入れることでバスの捕食スイッチが入り一気に食わせることが可能です。

ギルの逃げる姿勢を見せることでバスが本能的に追ってしまう、この切り替えこそブリムスライドの武器なのです。

狙って楽しいギルパターン

近年、注目されるビッグベイトを使ったギルパターンですが、その魅力は投げても釣っても楽しさにあります。

狙うビッグバスへの期待はもちろん、バイトする瞬間のスリルこそルアーフィッシングの醍醐味といえるでしょう!

これからギルパターンが楽しくなる季節、ぜひブリムスライドでビッグバスを狙ってみてはいかがですか?

過去の紹介記事も併せてチェック➤

大注目ブリムスライドの最新プロト公開&菊元俊文の最新アクション解説動画も公開

ブリムスライドを使った大興奮ギルパターン!5~6月のアフタースポーン期に効く【寄稿by中谷大智】

関連記事