【ラグゼのプライヤー7アイテム】まとめて紹介!高性能モデルからハイバリューモデルまで一挙見

2020年05月20日 19:00

[釣りの総合ニュースサイト「LureNewsR(ルアーニュース アール)」]

この記事を見る

抜粋

スプリットリングとフックのセットやラインのカットなど、さまざまなシーンで使うことの多いプライヤー。

今回はがまかつ・ラグゼのプライヤー類7アイテムをまとめて紹介してみたいと思います。

ラグゼアルミプライヤーシリーズ

人気のラグゼアルミプライヤーには3種類があります。

機能性に優れ、軽量アルミボディ(先端はステンレス)、見た目のカッコよさもあったり。早速3タイプをまとめてみます。

製品名 サイズ グリップ ランヤード 適応リングサイズ 希望本体価格
アルミプライヤー 175 ラバーグリップ 175mm ラバーグリップ あり #2~#4 ¥4,000
アルミプライヤー 175 メタルグリップ 175mm メタルグリップ あり #2~#4 ¥3,500
アルミプライヤーHD195ラバーグリップ 195mm ラバーグリップ なし #5~#7 ¥4,800

 

ラグゼアルミプライヤー175ラバーグリップ

 

【公式製品ページは→コチラ

ラグゼアルミプライヤー175メタルグリップ

【公式製品ページは→コチラ

ラグゼアルミプライヤーHD195ラバーグリップ

【公式製品ページは→コチラ

アルミプライヤーの特徴は

スプリットリングの交換を行うリングオープナーのあるノーズ部分は、サビに強いステンレス製となっています。ソルトゲームでのタフな使用でも長く愛用できますね。

続いてラインカッター部分。タングステンカーバイド(超硬合金)製のラインカッターで、PEラインがたるんだ状態でもカットできます。一度ピーンと張らなくてもPEラインが切れるのは助かりますよね!

ラバーグリップ採用モデルは濡れた手でも滑りにくく、また波型の形状でグリップしやすいのが特徴です。

175mmサイズの2アイテムに付属するランヤード。こちらはコアワイヤー入り。芯がしっかりしているのでグネグネってなったりする「あるある」を防いでくれてヘタりません。

人気の高いアルミプライヤー3兄弟。機能からすると比較的価格も控えめで、長く愛用できると思いますよ!

出典:YouTube「LUXXE MOVIE」

2020年のリーズナブルなプライヤー

続いて2020年の新作プライヤー4アイテムをご紹介。

新作となるプライヤーは、アルミボディではないものの必要な機能を充実させたコストパフォーマンスに優れたラインナップとなっています。

スプリットリングプライヤー22cm

素材に高硬度ハイカーボンスチールを採用し、錆に強いパールニッケルメッキコーティングを施したスプリットリングプライヤーの22cmモデル。

ラインカッター部はPE対応のタングステンカッターとなっています。ルアーが真っ直ぐ泳ぐようにアイを調整するトゥルーチューン用のスリットが3サイズあるのもウレしい!

 

スリットはルアーのトゥルーチューン用で、スリットの厚さが違う3サイズ

対応リングサイズ:#3~10
本体価格:1,800円
公式製品ページは→コチラ

スプリットリングプライヤー18.5cm
こちらは上記22cmと同様の仕様で、18.5cmタイプ。対応リングサイズもひと回り小さい#3~#8となっています。

対応リングサイズ:#3~8
本体価格:1,600円
公式製品ページは→コチラ

マイクロスプリットリングプライヤー14cm
腐食に強い420系ステンレス素材にパールニッケルメッキを施した、#1~#4の小さなスプリットリングに対応するモデル。開閉がスプリング式なので、サクサク作業しやすいのも特徴。

対応リングサイズ:#1~4
本体価格:1,500円
公式製品ページは→コチラ

カッティングPEプライヤー11.5cm

 

PE、フロロ、ナイロンラインをサクサク切り、先端には小さなスプリットリングに対応するオープナーがあるモデル。

対応リングサイズ:#00~3
本体価格:800円
公式製品ページは→コチラ

というわけで、2020年はよりリーズナブルなモデルが登場することがお分かりいただけたかと思います(今回紹介した2020年モデルは800~1800円)。

ヘビーユーズする方も、それほど使用頻度が高くない方も、選びやすいラインナップとなっているのではないでしょうか。

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。

関連記事