フカセ釣りにおける『ガン玉』使い攻略 代表的な5つの状況毎に解説

2020年05月21日 11:30

[TSURINEWS]

この記事を見る

抜粋

今回はグレ狙いフカセ釣りで、仕掛けをなじませるためのガン玉(オモリ)の使い方について、代表的な5つの状況毎に説明してみましょう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・兵頭良弘)

フカセ釣りにおける『ガン玉』使い攻略 代表的な5つの状況毎に解説

理想的な状況は少ない

磯、波止に限らずフカセ釣りをする上で、ガン玉は仕掛けを海中へ理想的になじませるためのアイテムとして大きな役割を果たしてくれます。中層に浮くグレのようなターゲットを狙う場合、いかに仕掛け、さしエサを海中になじませ、狙ったポイントでさしエサを安定させる事ができるかが、釣果を左右する大きなカギとなります。

フカセ釣りにおける『ガン玉』使い攻略 代表的な5つの状況毎に解説基本的な仕掛け例(作図:WEBライター・兵頭良弘)

風、波も穏やかで、潮も一定方向へ流れていて、その上、潜り潮が効いている状況下であれば、ガン玉を使う必要もないでしょうが、そんな好条件で釣りができる事などほとんどありません。

例えば、エサ取りが大量に発生してさしエサが全く残らない時、潮が速すぎてオモリを使わなければ仕掛けが安定しない時、ターゲットとなる魚のタナが深くて仕掛けを10m近くも落とさなければならい時、真っ白に払い出すサラシの中を狙う時など、ガン玉を使用しなければさしエサを安定させる事ができません。

そこで今回は、波止釣りに絞って、いろいろな海の状況に合わせたガン玉の使い方について、具体的な例を挙げて説明してみましょう。

便利なガン玉対応表

まずは、釣り場でも役立つガン玉対応表です。ガン玉にはそれぞれ重さの規格があり、よく耳にするのは「B、2B、3B」、そして小さなタイプのジンタンオモリでは「G1、G2、G3」などがあります。

フカセ釣りにおける『ガン玉』使い攻略 代表的な5つの状況毎に解説多種のオモリを使い分けよう(提供:WEBライター・兵頭良弘)

ただし、気を付けたいのは、2BはB×2、つまりBを2つ打てばちょうど良いのかと言うとそうではありません。2BとBの2段打ちでは重さがかわってきます。参考までにB浮力のウキに対して、ガン玉を段打ちするとすれば何号と何号を打つ事ができるかを表した対応表を紹介しておきます。実践の釣り場でも役立つアイテムですから参考にしてください。

フカセ釣りにおける『ガン玉』使い攻略 代表的な5つの状況毎に解説ガン玉対応表(提供:WEBライター・兵頭良弘)

では、実際に海の状況に合わせたガン玉の使用例を挙げてみたいと思います。

想定1:強風下での深ダナ狙い

水深のある釣り場で深いタナを狙う事がよくあります。こんな時に軽い仕掛けを使用すると、ラインが風や潮流などの影響を受けて吹き上がったり、狙う潮筋から外れたりして、思うタナにさしエサが届かないことが良くあります。

重いオモリで一気に沈める

このような場合、私は浮力が3B~5Bなどの高浮力のウキを使って、重量のあるガン玉(浮力に合わせたほぼ同様のガン玉3B~5B)を道糸とハリスの継ぎ目の上辺りに打ちます。一気に仕掛けを狙うタナまで落とし込み、さしエサの安定を図るようにします。

それでもなお、仕掛けが落ちないようなら、ガン玉をハリスに均等に段打ちすると、よりさしエサを狙うタナで安定させる事ができるでしょう。

想定2:当て潮での波止際狙い

実際の釣行でも良くあるパターンです。波止際を狙う時は、仕掛けは真っすぐに波止際に沿ってなじませてやる事が重要なポイントになります。波止際に付くチヌやグレは、落ちてくるエサを下(海底)から見つけると、波止際に沿って急浮上し捕食するからです。

均等な段打ちがポイント

そこでガン玉はハリス部分にB~G5程度を2~3段に均等に段打ちして、ハリの付いたさしエサを、波止際に沿って落とし込んでいきます。この時、仕掛けはさしエサ~ハリス~ウキの順番に海へなじませて安定を図りましょう。

想定3:2枚潮・3枚潮や湧き潮を狙う

大阪湾特有の2枚潮や3枚潮、また、複雑な潮の流れによって起こる湧き上がりなどが発生すると、仕掛けの弛みが出やすくなり、狙うポイントから大きく仕掛けがズレてしまったり、さしエサが海面近くに浮く事もあります。

同じ大きさのガン玉を均等打ち

こんな時は仕掛けに張りを持たせ、海中へなじませるため、ガン玉をハリスへ均等に打ってさしエサの安定を図ります。この際、使用するガン玉は上下、同じ大きさの物を使います。しかし、潮の動きや速さによっては上のガン玉を大きくしたり、また逆にハリに近い方を大きくしたり調整しながら、仕掛け全体に張りを持たせながらラインメンディングを行いましょう。

想定4:急潮下での狙い方

潮の干満の時間帯に合わせて、ゴウゴウと川のように潮が流れる釣り場があります。兵庫・淡路島の岩屋一文字や神戸の垂水一文字などがそんな状況です。そのスピードは、時には人の歩く速度よりも速く、ガン玉なしでは仕掛けをなじませる事は困難を極めます。

フカセ釣りにおける『ガン玉』使い攻略 代表的な5つの状況毎に解説急潮で知られる岩屋一文字での釣果(提供:WEBライター・兵頭良弘)

大きめのガン玉を2カ所に打つ

そこで速い潮が流れだした時は、ウェイトのある大きめのガン玉3B~5Bを道糸とハリスの継ぎ目の上辺りに、G3~Bのガン玉をハリスの中間辺りに打って、仕掛けを流していきます。それでもさしエサが浮く時はさらにハリスにガン玉を追加して、狙いのタナへさしエサを確実に送り込みましょう。

この時、ハリスに打つガン玉は、ハリスの長さをほぼ等分にして打つようにすれば良いでしょう。ガン玉2個なら2等分、3個なら3等分です。

想定5:エサ取りが多い釣り場を狙う

磯や波止に限らず全ての釣りにおいて、エサ釣りとエサ取りは切っても切れにない付き物です。もちろん、釣る場所やポイントによってエサ取りの種類やエサ取りの量、さらにはエサ取りの遊泳層などが変化します。

ハリ上にオモリを打つ

このような時にもガン玉を使う事で、少しでもさしエサの残る時間が長くなるよう仕掛けを調整します。ガン玉を打つ位置は、ハリ上20~30cmへG3~Bのガン玉を、状況に合わせて打ち分けますが、マキエワークでエサ取りと狙うターゲットを分離する事も平行して行います。

完全フカセが有効な時も

また、フグやカワハギなどは、ガン玉は使用するとかえって仕掛けが立ち気味になり、さしエサが取られやすくなりますので、ガン玉は打たずに完全フカセで攻めてみる事も一手です。

なお、今回紹介したガン玉の使用例は、あくまで私が普段、磯や波止でフカセ釣りを行う上で実践している内容です。当然ながら釣り場の状況やポイント、釣り場によって個人でも違いがあります。今回のようにある程度の基本ラインを参考にしていただき、自分なりのオモリ使用術を身につけていただければと思います。

<兵頭良弘/TSURINEWS・WEBライター>

関連記事