庄司潤が明かす最新食わせ系リグ3種公開【目探ショットシンカーVer.2使用】

2020年05月22日 13:00

[釣りの総合ニュースサイト「LureNewsR(ルアーニュース アール)」]

この記事を見る

抜粋

庄司潤さんが主宰するメーカー「ドリームエクスプレスルアーズ」。

凝り性で現場型アングラーの庄司潤さんが開発するアイテムだけあって、どのアイテムもこだわりがハンパないものばかり!

ドリームエクスプレスルアーズ(DREAM EXPRESS LURES) プロフィール

庄司潤さんが主宰するメーカー。現場フィードバック系、特に琵琶湖のバス釣りにベストマッチなルアーやロッド、小物などを続々と発表している。

 

そんなドリームエクスプレスルアーズでは、いろんなシンカーが登場しているんですが、ヘビダン用シンカーとして人気なのが、「目探ショットシンカー」。

感度アップを実現するボディ中央のエッジと、根掛かりにくさを追求した形状・立ちすぎていないエッジが特長となっています。

 

さて、そんな目探ショットシンカーの新型モデルが2020年5月下旬に登場したので、少し詳しめにご紹介します!!

どんなモノかというと…。

 

目探ショットシンカーVer.2【ドリームエクスプレスルアーズ】

2020年5月下旬登場

新たに登場した目探ショットシンカーの新型モデルは、その名も「目探ショットシンカーVer.2」。

ウエイトは5g 7g 10g 12g  14gの5種あり。

感度と根掛かりのしにくさを追求したシンカー形状はそのままに、食わせ力の高いリグ「フリーリグ」「中軽量級パンチショットリグ」「ネコパンチリグ」に対応するべく、ラインアイ部がローリングスイベルタイプになっているんです。

 

 

実際、この目探ショットシンカーVer.2でオススメのリグやセッティングについては、庄司潤さんが動画で詳しく紹介してくれているので、ぜひチェック!

目探ショットシンカーVer2、おすすめリグを庄司潤が解説

出典:YouTubeチャンネル「Jun Shoji」

庄司潤さんのYouTubeチャンネル「Jun Shoji」のチャンネル登録はこちら

 

さて、この動画の中で庄司さんがオススメしていたリグセッティングをご紹介しておきます

 

「パンチショットリグ」

目探ショットシンカーVer2を「コンパクトパンチショットリグ」で使うと。リザーバーなどで、けっこうやっかいな竹のレイダウンを撃つ時に起こりやすい、クルクルと巻きついたりようなトラブルがなくなったり、岸沿いシャロ―カバーのイバラ系など、ややこしめなブッシュでも、トラブルレスで攻め込むことができるとのこと。

 

庄司さんのオススメリグパーツはこちら

ローリングスイベルはNTスイベルのローリングスイベル6番

スプリットリングは、海用の平打ちタイプの2番などがオススメとのこと

フックとシンカーウエイトについては…

中小型系のホッグ系ワームの場合、フックはカマキリベンドのパーフェクトフックWG#1/0 【ドリームエクスプレスルアーズ】に目探ショットシンカーVer.2【ドリームエクスプレスルアーズ】の5g 7g を合わせるのが◎

5inch級のバルキー系ホッグなどワームの場合、フックはパーフェクトフックWG#3/0に目探ショットシンカーVer.2の10g  12g  14gがオススメとのこと

このリグは、釣り場に行く前にいくつかセッティングしておくと現場での釣りがスムーズ

 

 

「ネコパンチリグ」

ストレート系のワームのネコパンチリグはカバーに食わせ系ネコリグをウイードほかカバーにスルスルと入れ込めるので、おぼえておくと便利なリグ。

庄司さんのオススメリグパーツはこちら

カルティバ「ツイストロックのばね」【オーナーばり】Mサイズ→詳細はこちら
フックはカバーコンタクトフック【フラッシュユニオン】→詳細はこちら

 

できあがりはこちら!

ちなみに下写真のワームは2020年7月上旬にドリームエクスプレスルアーズから登場予定の新作「ルギートリック7inch (全8色予定)」

 

 

「フリーリグ」

目探ショットシンカーVer2をラインに通してリグれば完成。シンカーの各エッジが立ちスギていないので、ウイードやカバーを抜けやすくなっているのが◎。

というわけで、ドリームエクスプレスルアーズの新作「目探ショットシンカーVer.2」と、そのシンカーを使った庄司さんのオススメリグをご紹介しました。どれも食わせ力の高いリグとのことなので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

関連記事