ボトム垂直立ちからアクション!注目「ネッドリグ」対応・レインズのジグヘッド&ワームを紹介

2020年05月23日 11:30

[釣りの総合ニュースサイト「LureNewsR(ルアーニュース アール)」]

この記事を見る

抜粋

reins(レインズ)からNEDリグ用のジグヘッド&ワームのアクションがYouTubeチャンネルで水中映像が公開されています。

ジグヘッドはNRジグヘッド、ワームはレインズスワンプNR

アメリカで数年前から広がり、現状では日本でもボチボチ認知度が出てきているリグといったところでしょうか。

Ned KehdeさんがZ-MAN社のジグとワームを使って広まったのがきっかけでNed、ネッドリグと言われているようです。

ボトムに立つジグヘッドと高浮力のワーム(スティックベイト)を組み合わせたリグで、アクションを入れない時は高浮力ワームがテールを上げた状態でアピール。

シェイクを入れると小魚がボトムでエサをついばむような動きに見え、中層ではスイミングもこなすフィネス仕様。

比較的メリハリの利いたアクションといえます。

フォールで魅せ、食わせ要素が色濃いながらもロッドアクションにリニアに反応し、リアクションも狙いやすいイメージ。ボトムにしっかり立つ接地面を持つ軽めのジグヘッドと高浮力かつワームがネッドリグの肝といえそうです。

NRジグヘッド

出典:レインズ

NRジグヘッドはNR=ネッドリグ用のジグヘッド。円柱状の形状が高浮力ワームとの組み合わせでボトムにしっかり立つ形状。

出典:レインズ

角のない設計はスタック回避性能を上げるため。ワイヤー式ワームキーパーはウエイトを一点集中にし、アクションにキレよく反応する仕様となっています。

フックサイズ ウエイト 入数 価格
1/0 1/16oz(1.8g) 2 500円
3/32oz(2.7g) 3
1/8oz(3.5g) 3
3/160z(5.3g) 2

レインズスワンプNR

出典:レインズ

ネッドリグ対応ワーム「レインズスワンプNR」。高浮力の3インチワームで、ボトムに立てた時に垂れ下がらない長さとアクションを入れた際には波動をしっかり出す、ある程度太めなボディが特徴。

しっかり立ちアクションにキレよく反応する、ネッドリグにピッタリなワームとなっています。

出典:レインズ

まだあるよ、ネッドリグ

上記がレインズのネッドリグ第一弾としてリリースされ、現在はジグヘッドにNRジグヘッドガード、ワームにRNDファットが追加。

NRジグヘッドガードはガードは接地面を広げた富士山型ヘッドが特徴で、さらにボトムで直立いやすい形状に。

ガードに形状記憶の極細ワイヤーを配したタイプ。

出典:レインズ

RNDファットはボディのクビレが特徴で、直立時にはクビレとピンテールが微細な揺れを起こし、張りのある素材でアクションに対しレスポンスよく追従します。

出典:レインズ

ネッドリグ、投入してみたいですね!

関連記事