船釣り用『竿受け(ロッドホルダー)』基礎知識 選ぶ時の基準とは?

2020年05月23日 17:00

[TSURINEWS]

この記事を見る

抜粋

船釣りに使う道具は色々あるが、快適な釣行に欠かせないグッズが「竿受け(ロッドホルダー)」だ。今回は、同アイテムの基礎知識を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

船釣り用『竿受け(ロッドホルダー)』基礎知識 選ぶ時の基準とは?

竿受け(ロッドホルダー)の必要性

船は自分の釣り座スペースに限りがあるため、適当に竿を放っておく訳にはいかない。また、重たいオモリを使って置き竿で狙う釣りなどでは竿をがっちりと固定してくれる竿受けは必須ともいえるアイテムだ。

また、基本的に手持ちでの釣りで竿受けは一見不要な釣りでも、船の移動時など、一時的に竿を置いておける竿受けがあれば、他の作業ができたりと非常に便利だ。船縁に立てかけておくと、船が揺れて竿が倒れたりして、最悪の場合は竿の破損にも繋がりかねない。

自分の釣りに合わせた竿受けを一つは持っておきたいものである。そこで、今回は船釣りで使用する竿受けの基礎知識として、選ぶ際のポイントなどを紹介していきたい。

竿受けとひと口にいっても、ショップのコーナーではバリエーションの豊富さに驚かされる。それほど種類も多く、実際に選ぶポイントが分からなければ、なかなか自分の釣りに合った竿受けを見つけ出す事ができない。まずは、用途別にポイントを見てみよう。

チョイ置きタイプ

基本的にY字型が多く、船縁に開いている穴に突っ込んで、又の部分に竿を置くだけのシンプルなタイプ。釣りをする時には竿受けは使わず手持ちで釣り、船の移動時やエサ交換時などに一時的に竿を置くための竿受けだ。

船釣り用『竿受け(ロッドホルダー)』基礎知識 選ぶ時の基準とは?チョイ置きタイプの竿受け(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

「手持ちなので竿受けが要らないのでは?」と思われるかもしれないが、竿を船縁に立てておくと船が揺れて竿が倒れたりと、作業の邪魔になる。また、竿を置いた時に痛まないように、又の部分はウレタンやゴムなどの軟らかい素材でできているのでありがたい。非常にコンパクトなので、タックルボックスの片隅に入れての運搬も楽ちんだ。

竿固定タイプ

船縁に本体を万力のようなクランプでしっかりと固定し、竿にはヘッドを取り付ける事で、本体との取り外しがワンタッチでできる。置き竿などで使用する釣りでは幅広く使われているので、現在では種類も非常に多くなっている。

ここからは、種類の多い竿固定タイプについて詳しく解説していこう。

強度とパワー

竿固定タイプの竿受けは竿に掛かる負荷(オモリや魚の引きなど)をすべて受け止めて固定する力が必要だ。それも船縁にクランプで取り付けただけの状態で、負荷を受け止めるのでかなり強度的にもしっかりしているといえる。

ただし、竿受けに規格によって決められた負荷以上の力が掛かれば、もちろん破損したり、竿が外れる、クランプが船縁から外れるなどに繋がる事もある。基本的にライトな釣り用ほどコンパクトで軽量、負荷の大きな釣りに使用するタイプほど、がっちりとしていて本体も大きめな事が多い。

メーカーの商品企画を見ると、負荷重量というよりは、「適合ハリス〜号まで」と表記されている事が多い。これは「〜kgまで」と表記されるよりも、具体的に釣りシーンをイメージしやすくて分かりやすい。

実際に竿受けを使う自分の釣り方や仕掛けを思い浮かべ、適合する強度の竿受けを選ぶ要素の一つにすれば良いだろう。

ロッドホルダーのクランプ幅

竿受けを船の固定するのがクランプだ。多いのは上部は固定されたパーツで、下部に締め付けようのボルトが付いていて、船縁に取り付けた後、ボルトを締めて固定する。

ここで、考えたいのは船縁はいろいろな形があって、クランプを取り付ける場所がなかったり、取り付ける部分の幅が厚い、または極端に薄いなど竿受けに合わせてくれている訳ではない点だ。だとするとクランプの幅は広い方が圧倒的に利便性が良いのだが、強度面を考えると広いクランプを採用すればそれだけ、運搬時にもコンパクトさが失われる。

船釣り用『竿受け(ロッドホルダー)』基礎知識 選ぶ時の基準とは?クランプの幅(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

その辺りを考慮して、運搬時にある程度許容される長さに仕舞える事を念頭に置きたい。最近はやや広めの商品も多いのが現状だろう。また、取り付け部分が薄い時用に木片を持参しておくといい。商品によっては付属している物もある。木片を挟む事でクランプの幅を簡単に狭くできる。

船釣り用『竿受け(ロッドホルダー)』基礎知識 選ぶ時の基準とは?木片を挟む(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

ロッドホルダーのヘッド

ヘッドも商品により工夫がされている。基本的にヘッドを竿のグリップ付近に取り付けて、ヘッドを本体にはめ込む事で竿を固定する。また、レバーなどを引く事で取り外しもワンタッチでできるので、置き竿から手持ちにかえるのも瞬時にできる。

船釣り用『竿受け(ロッドホルダー)』基礎知識 選ぶ時の基準とは?定番のヘッド(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

ヘッドの形状

ヘッドについて見ておきたいポイントは、ヘッドの形状とサイズだ。形状については多くのヘッドがヘッドに付いたネジを緩める、締める事で竿に取り付ける事ができる。実は私もそうなのだが、人によってはヘッドを取り付けたまま竿を脇に抱えると、ネジが邪魔になって痛くなる事がある。

もちろん、竿によってヘッドを取り付けられる部分がある程度自由にできたりするので、避ける事はできるが、竿受けに掛けた時にちょうど良い場所にヘッドを取り付けるとちょうど脇の部分に当たる竿もよくある。

そんなネジをなくしたヘッドもある。同じ本体でもヘッド部分のみをパーツとして別売りしており、ネジ式、ネジなしのどちらも用意されている竿受けもあるので、不安なら両方のヘッドが揃っている竿受けを探してみよう。

船釣り用『竿受け(ロッドホルダー)』基礎知識 選ぶ時の基準とは?ヘッドの形状2種類(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

ヘッドのサイズ

次はヘッドのサイズについて。本体に取り付ける部分については各メーカーごとにいくつかの規格があり、違う規格サイズのヘッドを使おうとすると、本体にはまらない、ブカブカですっぽ抜けるなどするので、本体とサイズが合ったヘッドを使うのが基本だ。

自分の釣りに合ったものという観点で見ておきたいのは竿に取り付ける部分のサイズ。ヘッドを取り付けるグリップ部分は竿によってかなり太さがかわる。それがセパレートかそうでないかでも大きくかわってくる。太いグリップの竿にはサイズが小さすぎるヘッドは取り付けられない。逆に竿が細すぎるとヘッドが竿に固定できない事も多々ある。

船釣り用『竿受け(ロッドホルダー)』基礎知識 選ぶ時の基準とは?竿に取り付けるサイズに注意(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

ちなみに細い竿をヘッドに取る付けるためのアダプターもあるので、大きめのヘッドとアダプターを用意しておけば、ある程度は細い竿でも対応できるようになっている。

船釣り用『竿受け(ロッドホルダー)』基礎知識 選ぶ時の基準とは?細い竿に取り付けるアダプター(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

収納性

竿受けの3つのパーツについて紹介してきたが、ほかにも収納性などの観点もある。大型の竿受けはどうしても収納する時にコンパクトさに欠ける。最近では特にライトな竿受けに、まるで変形ロボットのようなきれいに折りたためるタイプも登場している。

この場合も自分の釣りをある程度考慮して、上記3つの項目と照らし合わせながら、折りたたむとどの程度までコンパクトになるのか、などを見てみると良いだろう。

船釣り用『竿受け(ロッドホルダー)』基礎知識 選ぶ時の基準とは?折りたたみ式ではないがコンパクトに(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

その場合も、自分の釣行スタイルをイメージして、多少荷物になってもがっちりした大型の竿受けが必要なのか、できればコンパクトに収納して運びたいなどの方向性を考えてみると良い。

<松村計吾/TSURINEWS関西編集部>

関連記事