【アーカードメタルゲーム】SLASHからハーフフルソリッド搭載のイカメタル専用ロッドが登場

2020年05月24日 10:00

[釣りの総合ニュースサイト「LureNewsR(ルアーニュース アール)」]

この記事を見る

抜粋

今や人気ジャンルの1つになっているオフショアSWゲームなのが「イカメタルゲーム」。

年々進化を見せるイカメタルゲームに対応するべく、SLASHから新たに登場するロッドが登場。それは…。

 

アーカード ・メタルゲーム【スラッシュ】

このNEWロッドは完全にイカメタル専用RODとして開発されたもの。フワっと持ち上げるアタリや繊細なイカパンチ、スッテやエギにじゃれつくイカの動向までも分かるような繊細な穂先を搭載し、目感度と共に掛けていくRODになっています! また大剣の引きにも耐え、粘る「曲げて・獲る」といったテイストのイカメタル専用ロッドになっています。

なお登場するモデルは、「バーチカルセンシティブモデル」と「大剣ベイトオモリグモデル」のベイトモデル2本。

商品名 Length(cm) section Weight(g) close(cm) SUTTE-Wt(号/g) Line-Wt(PE) Price(税抜)
AM-B562HFC 168cm 2 109g 88cm MAX30号/115g PE-MAX1.0 ¥22,000
AM-B682HFCO 203cm 2 124g 106cm MAX40号/150g PE-MAX1.2 ¥24,000

 

AM-B562HFC<バーチカルセンシティブモデル>

ツツイカ類の繊細なアタリとホバーリングによる持ち上げアタリをとらえ、身切れを最大限に防ぐ
追従アクションを両立した「ハーフフルソリッド(HFC)」を採用!

イカメタルのバーチカルな釣法で、曲げて獲る醍醐味をダイレクトに感じ取る事が出来るRODになっています。

またスパイラルガイド・穂先部分LDBガイドに加え、視認性をさらにUPさせた塗装とスレッド仕様。

AM-B682HFCO<大剣ベイトオモリグモデル>

大剣狙い・食い渋り対策のケンサキイカオモリグ釣法で求められる適度な張りと粘りと感度という三要素が追求されたオモリグ専用ベイトロッド。

「ハーフフルソリッド(HFC)」が採用され、身切れも防ぐ追従アクションかつオートマチックに乗せるアクションにしあがっています。

 

ティップ、ブランク、グリップのコンセプトについて

 TIPコンセプト

「曲げて・獲る」の最も重要なポイントであるティップセクションには視認性を上げる為のカラーリングが施されています、また適度な反発力を持ちながらTIPが曲がって追従していくアクションとなっているのも特長。なおスパイラルガイドセッティング仕様になっています。

 

 ブランクコンセプト

ヘリカルX&ヘリカルコアカーボンコンセプトのハイトルクなブランクス。一見しなやかに感じるアイテムもイカがかかれば、十分なトルクを発揮する様に設計してあります。ベイトモデルはスパイラルガイドセッティング仕様で、ライントラブルを軽減。しなやかにベンディングしながら大剣パラソルサイズもリフトするブランク設計になっています。

 

 グリップコンセプト

軽快にシャクル、ターゲットをリフトする、この動作を快適に行うにはシートポジションが重要。そんな中、「アーカード ・メタルゲーム」のグリップは、各モデルそれぞれのアクションによって最適なポジションに設計してあります。

以上、スラッシュの新作イカメタルロッドをご紹介しました!

 

 

関連記事