ジョイントボディとフェザーフック搭載の多機能I字系ルアー!ティムコの「ロンサムスイーパー I」

2021年04月08日 16:00

[釣りの総合ニュースサイト「LureNewsR(ルアーニュース アール)」]

抜粋

ワカサギの表層ピクピクアクションがピークを迎えている今の季節。

相模湖はじめ河口湖や西湖などワカサギレイクでは大いに盛り上がりを見せています。

これまでティムコの「トラファルガー」や「デルゼ」について紹介してきましたが、今回は同じく表層系のハードルアー「ロンサムスイーパー I」について紹介していきます。

この「ロンサムスイーパー I」は表層系のなかでもジョイントボディの多機能I字系ルアー。

静かにI字のアクションで誘いながらトゥイッチといった食わせのアクションにも対応した新しいタイプの性能になります!

トラファルガーの紹介記事はこちら

相模湖で話題沸騰中の表層ピクピクアクション!ティムコの「トラファルガー」

デルゼの紹介記事はこちら

表層の一段下。そこを狙うならティムコ・デルゼ55SS

投げて放置でもOK!誰でも簡単に瀕死ワカサギアクションが出せちゃうティムコ「デルゼ」

I字系 スローステディリトリーブ

出典:ティムコ公式ロンサムスイーパーI詳細ページ

この「ロンサムスイーパーI」はリップレスジョイントベイト「ロンサムドリフター」の性能を継承した多機能I字系ルアーです。

表層系はもちろん、I字形のアクション、トゥイッチ&ジャークなどにも対応し、ボディサイズも「ロンサムドリフター」の100mmよりさらに小さい75mmと、よりバスがバイトしやすいサイズ感になっています。

一定リズムでスローリトリーブすることで表層漂うベイトを演出し、I字系アクションでバイトを誘発します!

そしてアクションをより艶めかしくさせているのがフェザーフック!

フェザーフックはフックの存在効果のほか、スローなスイミングアクションでは微細動を続けつつ、素早いアクションも水の抵抗を作ることでルアーの動きをより滑らかにしてくれます。

バスに見切らせ群れからはぐれて徘徊するベイトフィッシュを演出します。

ドリフトアプローチ(デッドスティッキング)

風や湖流を利用したドリフトアプローチも得意なロンサムスイーパーI。

前作のロンサムドリフターから継承したコンセプトを活かし、流れのなかでも滑らかにバスを誘います。

微かな水流で緩やかに動くジョイントボディと追従して揺れるフェザーフックが自発的にアクションしてバスにアピールします。

I字だけでは食い切らない、トゥイッチ&ジャーク

I字系動きだけではバイトまで仕切れない、そんなときに有効なのがトゥイッチ&ジャークアクション。

ロッドティップを軽く弾くだけでジョイントボディが稼働し、クイックな首振りアクションが可能になります。

I字で追わせて、喰わせの一手に最適!

また、ストップモーション時に見せるジョイントボディならではのイレギュラーアクションがバスのスイッチを入れるトリガーになります。

もちろん高速早巻きで見切らせずにバイトを誘発させるといったテクニックもオススメ!

ロンサムスイーパーIのスペック

Length: 75mm

Weight: 4.5g

Type: Intermediate(Suspending)

Hook: (F)#10, (R)#12

ティムコ公式ロンサムスイーパーI詳細ページはこちら

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。

この記事を見る