ブリッツSSRは2022年リリースのシャローレンジ攻略用クランクベイト【O.S.P】

2022年07月22日 07:02

[FISHING JAPAN]

抜粋

ブリッツSSRは2022年リリースのシャローレンジ攻略用クランクベイト【O.S.P】

世界のT.並木氏が主宰するルアーメーカー・OSPから、さまざまなルアーがリリースされています。

中でも人気なのは、バス釣り用クランクベイトのブリッツシリーズ。

2022年には、シャローレンジを手返しよく攻略するための、ブリッツSSRが登場します。

その詳細スペックや、マッチしそうなおすすめタックルをご紹介しましょう。

ブリッツSSRってどんなルアーなの?

ブリッツSSRとは、2022年OSPからリリースされる、バス釣り用クランクベイトのことです。

SSR=スーパーシャローランナーですから、水深1m前後を引っ掛かりトラブル無くトレースし続けるのに向いています。

サイズ設定は、全長が51.1mmで、ウエイトが8.0g。

重心移動システムは搭載されておらず、低重心化を図るため腹部にTGウェイトボール1つを配置しています。

まるで起き上がりこぼしのように、ボディが揺れても元の位置へレスポンスよく戻ろうとしますから、短い横移動でもブリブリとボディを揺らしてくれるでしょう。

ブリッツSSRのボディは、内壁をハニカム状に削り取っています。

それにより強度は維持しながら、全体的な軽量化に成功していて浮力がアップしています。

ハイレスポンスなのは、この構造による高い浮力が要因になっています。

またボディの側面をセミフラットに設計していますから、ラウンドボディのスナッグレス性能を残しながら、フラッシング効果も得られる仕組みを得ています。

強い水押し効果も期待できるので、集魚力は高いです。

リップは、軽くて極薄なデザイン。

高いアクションレスポンスを発生し、耐久性も高めです。

ワイドなスクエアリップなので、硬いカバーや地形変化とひんぱんに接触しても、引っ掛かるのを回避させやすく、手返しのいいアプローチを実現できます。

リップが接触した瞬間は、アングラーにもしっかり伝わってくるでしょう。

その際にキルを入れてルアーを浮かせる必要はなく、グリグリとリールハンドルを回し続けながら、引っ掛かりをかわせるのです。

そうするとタイムロスは発生しませんし、スタックによる煩わしさからも解放されることに。

徹底した攻めの釣りスタイルを、シャローレンジで展開できることで、広範囲をテンポよく探ることが可能になります。

フックは、前後とも6番のトレブルフックを標準装備しています。

大物が食い付いてきても、カンタンにバラシてしまうことにはなりにくいでしょう。

ブリッツSSRのボディ素材に注目!

ブリッツSSRには、2種類の素材が使われています。

アピール系カラーには、比重が僅かに軽いボーン素材を採用していて、高いアクションレスポンスが得られるようになっています。

ゴースト系や反射板入りカラーには、透過効果が得られるようにクリア素材を採用しています。

水質や濁りなどの釣り場のシチュエーションに合わせて、使い分けてみましょう。

合計14種類のカラーバリエーションから選択可能!

ブリッツSSRには、全部で14種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●アメリカンサンフィッシュ H03

●TGサンフィッシュ TG03

●黒金オレンジベリー H04

●コスモブラック P05

●マットチャートブルーバック M07

●アメザリ Z08

●アイスシャッド H09

●マットタイガー M14

●テイスティシャッドVerボーン PB23

●ゴーストライムチャート G35

●マットシャッド M47

●ゴールドファイヤー SH48

●GFスポーンレッド PGF48

●TSピンククラウン TS74

定番の配色はもちろん、個性的でOSPらしい視認性の高い配色も用意されています。

釣り当日の日照や水の濁りなどをよく観察して、サーチ効果の高いカラーからラインに結んでみましょう。

ブリッツSSRをキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

それではブリッツSSRを連続でキャストし続け、バスからのバイトをフッキングに持ち込むのに適した、おすすめタックルを取り上げてみましょう。

ウエイトが8.0gなので、あまり硬くないブランクスのベイトロッドがマッチします。

リールは、カバーやストラクチャーとの接触を考慮して、12lb以上のモノフィラメントラインを大量に巻けるベイトリールが向いているでしょう。

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 6102MRB 釣り竿

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>

ダイワからリリースされている、リベリオンシリーズのMパワーブランクスベイトロッドを選んでみました。

全長は2.08mもあるので、軽くバックスイングして前方へ振り込むだけで、飛距離を伸ばすことができます。

継数は2本で、仕舞寸法は109cmにまで縮まりますから、オカッパリシーンでさまざまなポイントへ持ち込みやすいでしょう。

自重は109gと、長さの割りに軽めり設計です。

先径/元径は、2.0/12.4mmとやや太目。

適合するルアーウエイトは、5gから21gまでなので、ブリッツSSRを連続キャストするのにバッチリです。

適合するモノフィラメントラインは、8lbから16lbになっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

実際にフィールドで使ってみると、継目の部分が安定していて、曲がり込みがスムーズな印象のロッドです。

全体的に弧を描く感じな味付けですから、バスをフッキングした後、バラシを抑えてランディングに持ち込める気がします。

ガイドにはラインが絡まりにくく、キャストを連続しておこなうのに適しています。

実売価格は1万円台と、とても低価格に設定が抑えられているのが嬉しいです。

クランキングはもちろん、他の巻きモノルアーをマスターしたいときに、頼りになる1本といえそうです。

EVAの細身グリップは、水に濡れた手で操作しても滑りにくく、安定したキャストを繰り出すのに役立ってくれます。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22 タトゥーラ TW 80XHL(2022モデル)

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>

ダイワのタトゥーラTWシリーズの中から、2022年に新発売された80番サイズを選んでみました。

ギア比は8.1対1なので、ハンドル1巻きにつき81cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

ちょっと早過ぎるかな?と感じたら、ノーマルギアやハイギアモデルもラインナップされているので、そちらを手に取ってみてください。

最大ドラグ力は4.5kgで、自重は180gと軽めです。

スプール寸法は、直径が32mmで幅が21mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは85mmで、ボールベアリングは7個搭載しています。

実際に使ってみると、クラッチの切れ具合が軽快で、連続してキャストを繰り出すのに向いている印象です。

ボディ姿勢が低くてコンパクトですから、パーミングしやすくフッキングも決まります。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

タトゥーラシリーズには、もっとラインキャパの多いタイプや、接近戦が得意なタイプなどがラインナップされていて、選択肢が豊富です。

自分の釣りスタイルにマッチした機種を、じっくり選んでみるのも面白いかもしれません。

ブリッツSSRの気になる発売日はいつ?

ブリッツSSRの気になる発売日は、2022年の8月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,650円です。

水温高めでやや減水傾向にある夏のフィールド、いつもより水深が浅くなるわけですから、ブリッツSSRの出番は間違いなく増えるでしょう。

カバーや地形変化に引っ掛からないリトリーブスピードが分かってくると、より一層ビッグバスを釣り上げる確率がアップするはず。

足しげくフィールドに出向いて、キャストを繰り返すようにしてください。

OSPの関連記事はこちら

この記事を見る