大分の磯で底物釣り満喫 エサ取りの猛攻に耐え本命イシダイ2尾手中

2022年07月22日 16:00

[TSURINEWS]

抜粋

全国から次々とイシダイの情報が目に止まる季節だ。今回は最近イシダイが好調な大分県の深島へ、その釣行をレポートしよう。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・石田一聖)

大分の磯で底物釣り満喫 エサ取りの猛攻に耐え本命イシダイ2尾手中

大分県でイシダイ釣り

イシダイが好調な大分県の深島へ釣行してきた。

6月上旬、深島へ案内する、ふかしま丸で午前3時に蒲江港をほかの釣り人15人を乗せて出港。当日は梅雨グロもシーズン入りでクロ釣りの釣り人が多かった。出港して20分ほどで沖に出ると北の風が強く少しウネリがあり、上がれる磯も限られたが、幸運なことにイシダイ釣りの超A級ポイントである灯台下へ上礁できた。ここは数回上がったことがあるので戦略が練りやすい。

当日の仕掛け

用意したエサはバフンウニとガンガゼ、サザエの3種類。ここでは足元の壁を釣るので仕掛けはミチイト24号にオモリ15号、ハリスワイヤーにハリは17号とシンプルな仕掛けとした。

大分の磯で底物釣り満喫 エサ取りの猛攻に耐え本命イシダイ2尾手中当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版APC・石田一聖)

早速、まきエサとしてガンガゼをハリに数個付けてハンマーで軽く潰してポイントに落とす。それを数回繰り返してポイントを作る。

まずはサザエをつけて水深10m付近で様子を見るがエサ取りの数もすごい。早速、小さなイシガキダイが釣れ即リリース。

エサ取り猛攻跳ね返し本命2尾

そんな流れが続きバフンウニに切り替えたところで明確なアタリ。そのままサオ先を押さえて一気に走っていくイシダイ独特のアタリ。ギリギリまで待ってアワセを入れる。サイズは小さいが本命イシダイだ。

しかしそれからは続かず、とにかくエサ取りの数にはあきれかえるほど。ガンガゼ、サザエも水面に落とした直後からつつかれて取られてしまう。

ならばと少し40m付近に遠投して少し足元まで寄せてくる。そうしていると底20m付近でアタリ。そのまま待っていると素直に走ってくれて乗ったのでアワセを入れる。これもそんな大きくないが本命のイシダイだった。

大分の磯で底物釣り満喫 エサ取りの猛攻に耐え本命イシダイ2尾手中本命を2尾仕留めた(提供:週刊つりニュース西部版APC・石田一聖)

後は続かず結局、今回はこの2尾で終了。翌日の釣果では60cm超え4kgほどある大型の釣果もあり、また数も釣れていた。

深島は夏に向けて本番なのでこれから期待できる釣り場。場所によっては数釣り、そして大型イシダイも出るので今後に期待したい。

<週刊つりニュース西部版APC・石田一聖/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
ふかしま丸
出船場所:佐伯市蒲江港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年7月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。
The post 大分の磯で底物釣り満喫 エサ取りの猛攻に耐え本命イシダイ2尾手中 first appeared on TSURINEWS.

この記事を見る