【軽い/強い】ショアジギングで必要な基本性能を徹底追及!オリムピック「19 REMOTO(リモート)」

2022年07月22日 17:00

[釣りの総合ニュースサイト「LureNewsR(ルアーニュース アール)」]

抜粋

価値ある1本を求め、ひたすらジグをシャクり続ける。

ショアジギングでは重たいジグを長時間シャクり続けながら、魚が掛かればパワフルなファイトに耐える必要があるため、使うリールやラインにジグなども大事ですが、ロッド選びは特に重要。「軽くて強靭」がショアジギングロッドを選ぶ際にこだわるポイントだと思いますが、今回紹介するアイテムはそういった性能を秘めつつ、他にも色々なギミックの詰まった優れたロッドに仕上がっています。

19 REMOTO(リモート)【オリムピック】

そのロッドとはオリムピックが手掛ける「19 リモート」。

飛距離」、「パワー」、「操作性」、「軽量感」といった、ショアジギングで必要となる基本性能を徹底追及。大型青物の引きにもシッカリ耐えるパワフルさを秘めながら、軽量かつ携行性にも優れているのが最大の特長。グリップ脱着式の変則3ピース仕様によって車の釣行はモチロン、電車やバイク釣行の際も邪魔になることがありません。ショアジギングを快適に行うため、パワーだけにこだわらず、使いやすさも考慮した設計に。

オリムピック公式「19 リモート」詳細ページはこちら

青物の強烈な引きにシッカリ耐えるブランクス

ショアジギングのメインターゲットでもある、ブリやサワラにヒラマサなどの大型青物の引きに対して、シッカリ耐え抜くようにブランクスはカナリ強靭。メインの材料には低樹脂タイプの低・中弾性素材が使われており、その上にオリムピックの独自技術「クワトログラファイトクロスXX」を採用。同時に捻れ剛性に優れたオリムピック独自手法「G-MAPS製法」によって粘りがあってブレないブランクスに。

出典:オリムピック公式ページ

そういったコダワリのブランクス設計によって、気持ちのイイ投げ心地と飛距離、大物との快適なファイト。剛性感を秘めながらターゲットの引きに対して素直に曲がり込んでくれるブランクスは、魚との強引なファイトを楽しむだけでなく、アングラーの負担も大きく軽減してくれます。

ガイドやグリップ周りにもコダワリが色々…。

特長はブランクスだけに限らず、ガイドやリールシートなど…。細かい箇所にまで徹底的にこだわられていますよ!

ガイド

全ガイドに高強度・高剛性のステンレスフレームガイドを採用。MNガイド(SiC)+KWガイド(SiC-S)仕様。バットセクションにはダブルラッピングが施されています。

 

リールシート

973MH、1003MはDPS18シート。

9103Hと1003MHにはDPS20シートが採用されています。全モデルSDナット+ダブルナットシステムで、リールの緩みを防止。またターゲットが掛かっても握り込みやすく、脇にもシッカリ挟み込めて長時間の使用でも疲れにくい作りになっています。

ジョイント

ジョイント部は、フェルール(逆並継)でまるで1ピースのようなスムースなベンディングカーブを実現。

出典:オリムピック公式「19 リモート」詳細ページ

 

この記事を見る