暑い季節の注意点と夏イカ攻略のワンポイント

2022年08月06日 08:00

[釣りの総合ニュースサイト「LureNewsR(ルアーニュース アール)」]

抜粋

皆さん、こんにちは〜!デュエルの池内です。

今週も、アオリイカ情報はもちろんのこと、デュエル &ヨーヅリ、ゼスタ等の最新情報をお伝えしたいと思いますので宜しくお願いします!

さて、今週のイカ曜日は…

朝・夕マヅメ釣行のススメ

いよいよ夏本番な毎日で、気温も40度越えの厳しい日々を迎えています。

そんな時は無理をせずに朝マヅメや夕マヅメのみの釣行にして、日中の釣行をなるべく控えるようにしましょう。

日中の釣行をされる際は、通常より多く水分を持参し小まめに水分補給を心掛けるようにしましょうね。

毎年この時期のアオリイカを狙いに行くのですが、今年は自然災害が多く、なかなか釣行できない日が続きます。

夏イカ狙いのワンポイント

そこで、夏イカの狙い方を簡単に解説いたします。

この時期の海水温は、日本海側も太平洋側も27〜30度にもなってきます。高水温になってくると活性が上がってくるのが青物!

青物を回避すべく外洋ではなく、湾の内の内って辺りであったり、川の流れ込みがあり海水温が低くなりやすいエリアなどが、この時期のアオリイカにとっては居心地が良いエリアとなってきます。

小イカを狙うのであれば青物が入ってこられない、小さな浅いワンド内を狙うと出てきます。

小イカではなく、春イカサイズまではいかないもののデカイカ狙いならば、外洋エリははなるべく避けて、春の大型アオリイカの釣れるような大きなワンドで潮通しのよい川からの流れ込みがあるエリアがよく、外洋よりも水温が少し低く安定してベイトフィッシュが豊富に居るところになります。

なるべくはこの時期の陸っぱりはオススメしませんが、行かれる場合は暑さ対策を十二分にした上で釣行して下さいね。

私は、しばらくは釣行取材もないのでゆっくりプライベートでキハダやメバチマグロのキャスティングに出掛けようかと思っています。

では、また来週のイカ曜日もお楽しみにね〜‼

池内 修次 (Shuji Ikeuchi) プロフィール

デュエルプロスタッフで、エギング界のスペシャリストの1人。エギング釣行回数は年間150日以上。 中層エギングをメインに多彩なシャクリパターンを使いこなし、両眼2.0というおっそろしいまでの視力でサイトフィッシングも得意とする、笑顔がステキな寝ても覚めてもエギング! なアツいオトコ。 WEB動画番組「スマイルエギング」にも出演中 https://www.youtube.com/watch?v=fXWFLBamzkQ https://www.lurenewsr.com/32671/

この記事を見る