オフショアジギングでワラサ手中【愛知】フォール重視のシャクリにヒット

2024年01月12日 06:00

[TSURINEWS]

抜粋

12月とは思えないほどの好天のなか、14日に愛知県・南知多町師崎の遊漁船へジギングに行ってきた、満船の12人で午前7時に出船。まずは港を出てすぐの所でタイラバ。僚船によると前日は良かったそうだ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

オフショアジギングでワラサ手中【愛知】フォール重視のシャクリにヒット

まずはタイラバでマダイヒット

私のタックルはタイラバロッドにハイギアリール、リーダー3号を5m、シンカーはTG雷流80g、ネクタイはピンクとグローの2本にした。ハイギアリールは巻きが重いので、レバー長めの安価なシングルハンドルに交換してみたら、巻きが軽くなり使いやすい。

水深は35m。ドテラ流しで船下に入ってくるので、アンダースローでチョイ投げして4回はできる。2流し目は逆になって、船から離れていくから釣りやすい。巻き速度はカウンター表示で3~4。ラインが良い角度になってきた時、コンコンと久しぶりのアタリ。ドキッとしたが平常心を装って巻き続け、途中ハリが1本外れたが無事海面に舞って出た。

小さかったので、よいしょっと抜き上げてニンマリ。目測で40cmは……ない(笑)。マダイは食っていたが、青物情報で伊良湖へ移動した。

ジギングにチェンジ

広範囲に船が散らばっていて、どこでも釣れそうな雰囲気。水深は25~60m。青物ロッドにオシアジガー1500、リーダー8号5mをPRノットで、ジグはクイック150gだ。

浅場ではチョイ投げして速巻き5~6回の後フォール。深い所では10回速巻き後ロングフォール、時にはジグを飛ばし気味にしたり、ジグをいろいろ変えたりしても食ってこない。「周りでは食っとるぞ」と船長のゲキが飛ぶが、なすすべなし状態。

オフショアジギングでワラサ手中【愛知】フォール重視のシャクリにヒット使用したタックル(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

船中ではサワラ、ヒラメは釣れているが青物は1匹のみだ。ここでイチかバチか、リーダー4号の軟らかいロッドに持ち替え、TGベイト緑金150gで気合を入れてフォール重視のシャクリに徹する。

 

 

待望のワラサ登場

するとついに待望のヒット。2回アワセを食らわせ、ドラグを少し緩めイトが出ても我慢して巻き続け、オマツリしながらネットイン。船中2匹目のワラサだ。

オフショアジギングでワラサ手中【愛知】フォール重視のシャクリにヒットベイトはサッパ(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

午後1時の終了まで連続ヒットを期待したが、2度目のドラマは起こらなかった、帰宅してから僚船の釣果を見たが、やはり釣れていた。なぜ私のジグに食ってこなかったのか、不思議でならない。またチャレンジあるのみだ

<週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2024年1月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

この記事を見る