【船ハゼ釣り】入門のススメ タックル・仕掛け・エサ・釣り方を徹底解説

2024年01月12日 17:00

[TSURINEWS]

抜粋

初心者や子供でも比較的簡単に釣れて、食べてもおいしいハゼは大人気のターゲットだ。毎年夏ごろから釣れ始め、ベストシーズンの秋にはさまざまなポイントでよく釣れる。冬が近づいてくると、気温水温の低下とともに深場のポイントへ移動し、なかなか岸からの釣りでは好釣果が望めなくなる。しかし船から狙う「船ハゼ」では、シーズン初期から終盤の落ちハゼシーズンまで安定した釣果が期待できる。今回は「船ハゼ」のポイントと魅力を解説していく。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

【船ハゼ釣り】入門のススメ タックル・仕掛け・エサ・釣り方を徹底解説

ハゼ釣りについて

ハゼ釣りで狙うハゼとは、主にマハゼのことだ。夏が近づいてくると、その年に生まれた小型のハゼが釣れ始める。シーズン初期は河口域や河口付近の漁港などでよく釣れ、岸からのチョイ投げで多くの釣果が上がる。

夏が過ぎ、最盛期の秋を迎えるころにはサイズも15cm前後まで成長し、良い日に当たれば3ケタ釣果も可能であることから、ビギナーからベテランまで多くの釣り人を楽しませてくれる。

【船ハゼ釣り】入門のススメ タックル・仕掛け・エサ・釣り方を徹底解説船ハゼなら良型の数釣りを楽しめる(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

盛期を過ぎてシーズン終盤となると、徐々に深場へと移動することから「落ちハゼ」と呼ばれる。落ちハゼは秋からしっかりとエサを食べ20cm前後まで成長する。

比較的水深のある場所に群れで固まるようになり、岸から狙うのが一気に難しくなりなかなか釣果が上がらなくなってくる。だが船ハゼでは、良型のハゼを1月いっぱいまで狙うことができる。

夏場にベストシーズンを迎え、パールピンクに輝く魚体から砂浜の女王とも呼ばれるキス(シロギス)と比べると、ハゼは見た目がやや不格好であり地味な存在であるものの、実はとてもおいしい魚。キスよりもおいしいという人も多く、根強いファンが多いのも特徴だ。

タックルについて

岸から狙う場合はノベザオを使用することも多いハゼ釣りだが、船ハゼで使用されるタックルは、リールを使用したタックルで狙うことが一般的だ。穂先の軟らかいロッドにラインは細めのPEラインを使用。テンビンを使用して、市販のハゼ釣り仕掛けをセットすれば完了だ。

【船ハゼ釣り】入門のススメ タックル・仕掛け・エサ・釣り方を徹底解説船ハゼ釣りのタックル(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

ロッド

具体的にはロッドはハゼやキス用の船ザオで全長1.8~2m前後、オモリ負荷10号前後のものを使用する。手軽なハゼ釣りはチョイ投げ用のサオや、短めの投げザオでも代用できるが、やはり穂先が軟らかいサオの方が、アタリが取りやすく扱いやすい。ルアー釣りをする人はティップラン用のボートエギングロッドやイカメタルロッド、アジングロッドでも十分代用できることから、手持ちのサオの中で軟らかいものを選択して使用すれば問題なく使用できるだろう。

基本的には船の真下でも釣れるが、軽くキャストをして広範囲を狙う方が釣果は上がりやすいことから、スピニングタックルの方が良いだろう。私は船ハゼにはダイワのキスザオやティップランロッドを使用している。

リール

ダイワ、シマノともに2000番クラス使用する。高性能なドラグは必要ないので、比較的安価なものでも十分に対応できるだろう。ラインはPEラインの0.6~0.8号前後を使用する。ナイロンラインでも釣りは可能だが、アタリが伝わりにくいため細めのPEラインの使用をオススメしたい。

釣果にこだわるのであれば、右記のようなタックルを準備するに越したことはないが、多少硬いロッドや太めのラインを使用した場合であっても十分釣りにはなるので、あまり難しく考える必要はないだろう。

テンビン&仕掛け

テンビンについてはキス釣り用、またはハゼ釣り用としてさまざまなタイプが販売されており、お好みにあったものを選択する。名古屋型テンビンや遊動式のテンビンが扱いやすい。よりシンプルな仕掛けで狙いたい人は、テンビンなしの仕掛けで狙うこともできる。オモリは狙う水深や潮の流れに合わせて、5号から20号程度のものを使用する。

【船ハゼ釣り】入門のススメ タックル・仕掛け・エサ・釣り方を徹底解説ハゼの大きさに合わせて仕掛けを選ぶ(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

仕掛けは各メーカーからハゼ釣り専用仕掛けが発売されている。大きな違いはハリの形状、ハリの数(2本か3本)とフロートの有無などが挙げられる。その日の状況で反応が良い仕掛けを探すことで好釣果が期待できる。ハリの号数については、釣れるハゼのサイズに応じて選択する。判断がつかない場合は予約時や受付時に船長に確認しておくと良いだろう。

 

エサについて

エサはアオイソメ、またはイシゴカイを使用する。エサの長さは3~4cm程度が基本となる。あまりタラシが長いと先だけ食われてしまうので、上記の長さにカットして使用する。イシゴカイは比較的小さいので、1匹掛けでも問題はない。

【船ハゼ釣り】入門のススメ タックル・仕掛け・エサ・釣り方を徹底解説エサは3~4cmに切って刺す(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

狙い方

釣り方についてはハゼは底にいるので、底付近を重点的に狙うことになる。アンカーを使用しない流し釣りで狙う場合は、足元に仕掛けを入れてオモリを引きずる感覚をサオで感じながら、底付近を狙うことで、次々と新しいポイントを狙うことができる。また、アンカーで船を止めて狙う場合は前方に軽くキャストし、足元まで仕掛けを引っ張りながらハゼにエサをアピールすると良いだろう。

【船ハゼ釣り】入門のススメ タックル・仕掛け・エサ・釣り方を徹底解説船からなら冬場でも数型ともに望める(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

サオは1本でもOKだが、複数のロッドを使用することで一層の釣果を伸ばすことができる。1本は足元に仕掛けを落として狙い、もう1本は手持ちで探ることで広範囲のハゼを釣ることが可能になる。またそれぞれ異なる仕掛けを使用することにより、当日の傾向をいち早くつかむことも可能になる。

アワセについて

ハゼがエサに食いつくと、穂先にプルプルッと明確なアタリが出る。ここで慌ててアワせると空振りしてしまうことも多いので、アタリがあったら少しサオを立ててみて魚の重みがあれば、軽くアワせるとヒット率が高くなる。

【船ハゼ釣り】入門のススメ タックル・仕掛け・エサ・釣り方を徹底解説岸から届かないポイントも狙える(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

ハゼは大きな口でエサを一気に丸のみするイメージがあるが、意外に繊細な一面もある。アワセのタイミングはその日の状況に合わせて工夫し、ヒット率が高いタイミングを見極めてアワせるようにしよう。

船ハゼ釣りの魅力

ハゼ釣りは非常にシンプルな釣りであり、女性や子供でものんびりと一日釣りを楽しむことができる。ハゼ釣りに限らず釣り全般に言えることだが、岸から狙う場合は足元が整備された場所ばかりではなく、女性や子供にはやや危険を伴う場合もある。また人気スポットは釣り人が多く、ベストシーズンは場所を確保するのもひと苦労というケースも多い。しかし船からのハゼ釣りでは、自分の釣り座がしっかりと確保されており、各々のペースで釣りをすることができる。

岸から狙うことができないポイントを広く狙うことができ、晩秋以降の落ちハゼシーズンは、ハゼが居心地の良い深い場所へ群れで移動して固まっていることが多いことから、ポイントさえ見つければ爆釣となる可能性も十分。岸から狙うのと比較して好釣果が期待できる。

【船ハゼ釣り】入門のススメ タックル・仕掛け・エサ・釣り方を徹底解説追い食いを狙えば数はさらに伸びる(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

なかなか釣果が上がらない場合は、船長が長年の経験を生かして最適なポイントへ案内してくれる。

また乗船する船にもよるが、個室トイレや休憩スペースがある船も多く、道具についてもレンタルタックル(有料の場合が多い)を準備してくれる船もある。

なかなか釣れない場合やオマツリなどのトラブルが発生した場合でも、船長がフォローしてくれることも多い。安心して一日釣りを楽しむことができるだろう。

留意点としては、ライフジャケットが必須であること(ライフジャケットがない場合はレンタルしてもらえる場合も多いので事前に問い合わせるといいだろう)、皆さんが乗船する船によってトイレの装備やサービスも異なってくることから、予約時に確認を行った上で乗船するようにしよう。

最後に

冬になると気温水温が下がり、手軽に狙える魚はぐっと減ってしまう。

しかし、本格的な船釣りや相応の装備がないと、危険を伴うこともある磯やテトラ帯での釣りはちょっと…という人も多いだろう。

【船ハゼ釣り】入門のススメ タックル・仕掛け・エサ・釣り方を徹底解説釣り初心者でも大満足間違いなし(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

船からのハゼ釣りは、河口や湾奥がポイントとなることが多く、冬の冷たい季節風の影響や高波の影響を受けることが少ない釣りであり、船酔いが心配な人も他の船からの釣りと比較して安心して釣行できる。船釣りに初めて挑戦する人にも釣行しやすく、初心者からベテランまで楽しめることから、皆さんも一日のんびりと自分のペースで船ハゼ釣りを楽しんでみてはいかがだろうか。

ハゼ釣りを楽しめる遊漁船

このエリアで船ハゼを楽しめるのは次の通り。

玉や丸

太平屋

釣り船オーキッド

ボートフィッシングガイド・BlueHaze

<週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2024年1月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

この記事を見る